建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  平成17年 東郷町山陰 送水管  >  平成17年度 連携特一 第7-1-1-01 地域連携推進事業(特一)

平成17年 東郷町山陰 送水管

平成17年度 連携特一 第7-1-1-01 地域連携推進事業(特一)

2005年10月19日

工事概要
工事名:平成17年度 連携特一 第7-1-1-01 地域連携推進事業(特一)

場 所:一般国道327号(工業用水道施設1号送水管)東臼杵郡東郷町山陰

発注者:日向土木事務所 道路建設係

工 期:平成17年8月10日~平成18年3月25日

 

 【施工箇所】

ichi150000

 

【施工箇所拡大】

ichi8000

 

【平面図】

heimenzu

 

【1号送水管配管縦断詳細図(Φ1200)】

haikanjyudan1

 

【1号送水管配管縦断詳細図(Φ900)】

haikanjyudan2

 

【布設箇所横断図】

odan1

 

【布設箇所横断図(河川横断部)】

odan2

 

 

全体施工フロー

伐開、起工測量、試掘を行い仮設道路を設置します。
仮設道路が既設の石綿管を横断する際は石綿管保護を行います。
その後、既設鋳鉄管Φ900の送水を既設石綿管Φ1200に切り替え、Φ900の撤去を行います。平行して敷設道整備工も行いその土の一部をヤード設置に流用します。
既設鋳鉄管Φ900の撤去が完了後、Φ900の一部を再利用してΦ900、Φ1200鋳鉄管を同時布設します。布設完了後、起終点が既設鋳鉄管に接続された新設鋳鉄管Φ900に送水を切り替えます。切り替え完了後施工区間の石綿管Φ1200の撤去を行います。新設鋳鉄管Φ1200への繋ぎこみは起終点の石綿管撤去後速やかに行います。石綿管撤去後は埋め戻しを行い、河川部については仮復旧を行います。

 

workflow

 

 

環境対策

本工事には、工業用水管として使用している石綿管Φ1200の撤去作業があります。その作業に関しては「水道用石綿セメント管の撤去作業における石綿対策の手引き」(厚生労働省健康局水道課発行)に沿って行ないます。

 

 

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.