建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  土木部 施工実績 > 平成25年度  国道219号 桐原工区 道路改良工事 > 平成25年度 国道219号 桐原工区 道路改良工事

詳細

平成25年度 国道219号 桐原工区 道路改良工事

2014年12月12日

現場の進捗状況をお伝えします。
【工事概要】

●工事名:平成25年度 交建防安 第18-3-1号 国道219号 桐原工区 道路改良工事
●工事場所 : 児湯郡西米良村大字村所
●工事概要
延長L=152.0m、幅員W=5.5(7.0)m、路盤工A=1.031m2、炭素繊維補強A=125.0m2
[道路改良工事]
舗装工 : 路面、橋のアスファルトを剥がして再度舗装
道路土工 : アスファルトを剥がした道路を掘削し基礎固め
防護柵工 : ガードレール設置
[橋梁補修工事]
主桁補強工 : 橋面と橋脚のつなぎ目(主桁)に炭素繊維シート接着
床版補強工 : 橋面(床版)の裏側に炭素繊維シート接着
※炭素繊維シートは橋の耐震補強のため

 

[道路改良工事]
①路床工(道路の基礎部分で路面から伝わる荷重を支える役割があります。)
道路の基面となる路床を作ります。
バックホウで掘削し、きれいに整地、締固めを行います。
路床工 整地  路床工 締固め

 

②下層路盤工(路床の上の層で再生クラッシャーランを敷き均し、路床に伝わる荷重を分散する役割があります。)
下層路盤工 締固め  下層路盤工 完了

ところどころ下のような岩が出るときもあります。今回はコンクリートで覆い、下層路盤工完了。
下層路盤工 その他  コンクリート打設

 

[橋梁補修工事]
本工事では、炭素繊維シートを用いた耐震補強工事を行いました。
※炭素繊維シートとは・・・・比重が鉄の1/5で、強度は銅版の10倍と、軽くて強い。
①下地処理
左から (1)ケレン作業、(2)清掃作業、(3)プライマー塗布工
2.ケレンP5310013 4.清掃状況P5310011 1.塗布状況P6040156

 

②炭素繊維シート接着工
(1)エポキシ樹脂を塗布(下塗り) (2)炭素繊維シートを貼付 (3)エポキシ樹脂を塗布(上塗り)
(空気が入らないように慎重に貼付)
4.含浸樹脂  (下塗り)P6130433 5.炭素繊維  (施工状況)P6130443 8.含浸樹脂  (上塗り)P6130503

③耐震補強の完成です
3.上塗材塗布完了P7040273

工期は残すところ約2週間!完成検査に向けて着々と準備を進めています。
今回の記事は、現場代理人補佐として初めて現場に従事した若手技術者に原稿を書いてもらいました。
完成検査まであと一息、この調子ですくすく成長してください。

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.