建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  土木部 施工実績  >  平成15年度 国改築 第5-2-3-1号 道路改築事業(国道)

土木部 施工実績

平成15年度 国改築 第5-2-3-1号 道路改築事業(国道)

2005年1月14日

工事概要

 

 

工事名 平成15年度 国改築 第5-2-3-1号 道路改築事業(国道)
場   所 一般国道327号 東臼杵郡諸塚村大字七ツ山古園(古園工区)
発注者 宮崎県
工   期 平成16年2月25日~平成16年12月25日

 

当該工事は、一般国道327号古園地区において幅員が狭くカーブが多い区間を解消し、安全で円滑な交通を確保することを目的とする古園バイパス(延長3.1kmの2車線道路)の一環として橋台(古園6号橋A1橋台)を建設するものです。
仮設工事として一般車両が安全に通行出来るよう現道を維持するための土留工を設置したのち、ダム湖上での機械作業を確保するため作業構台を架設し、橋台本体の工事に着手します。

 

 

工事発注の背景

 

【施工開始前の状態】(平成16年3月撮影)

mae_b yoko_b usiro_b
A1橋台正面 A1橋台側面 A1橋台背面

 

 

【完成後の状態】(平成16年12月撮影)

f3 f4 f2
A1橋台正面 A1橋台側面 A1橋台背面

 

 

完成予想図

 

yosou1_b yosou2_b
岩屋戸4号橋完成予想図 当社は古園6号橋のA1橋台を施工します

 

 

全体作業フロー

【基本事項】
施工順序は、次の通りです。

1.仮設土留工で使用するクローラクレーンの作業足場を確保したのち親杭工にはいります。

2.逆巻き工法により、順次アンカーを打設します。3段目のアンカー工が完了後、A1橋台作業構台工を施工します。

3.作業構台の支持杭を打ち込み、構台を架設していきます。

4.上部工の架設で使用するベント杭を今回の下部工工事で予め設置しておきます。

5.作業構台上からA1橋台基礎工の場所打ち杭を施工します。

6.作業構台を一部撤去し、護岸工の鋼矢板を打ち込みます。

7.全ての作業構台を撤去してアンカー4段目の掘削にはいります。

8.4段目のアンカーを打設後、護岸工の土留めを行ない、床付け面まで堀下げたのち、

  基礎杭の杭頭処理を行い均しコンクリートを打設します。

9.橋台フーチング完了後、矢板護岸との間をフーチング高さまでエアーモルタルで埋め戻します。

10.竪壁、パラペットを順次打設し、橋台本体完了後、矢板護岸最終高までのエアーモルタルを打ち込みます。

11.橋台前後の袖工を行ない、仮設土留めを撤去し完成となります。

 

 

【全体フロー図】

nagare-1

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.