建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

社長ブログ

最近、土木の受注が激減してしまい、何年かぶりに技術者に空きが出来ている。
ある意味 今までが好調過ぎていたのだが(かなり運にも恵まれていた)、
やはり 目の前の仕事が無いというのは 寂しいものである。
(建築はおかげさまで 案件が立て込んでいるが)

辛いな~ と一時はあれこれと考え込んでいたが、
このところは 逆に開き直って 「神様から ゆっくりした時間を それなりに楽しみなさい」
と言われているのだと考えるようになった。
これまでは目の前の仕事をただ 消化することだけで必死だったが、
拾い漏れしてきたことが かなりあったことは事実。
今こそ、それらを一から整理し、そしてゆっくりした感覚で着実に身に付ける時機にあると思うと、何やら 楽しくなっている。

萩本欽一さんの本を手にしている。
神様は 運が離れているときに その人がどういう行動をしているかを じっくりと見ているそうだ。
ダメなときほど運はたまると書いている。
日経の「私の履歴書」で 欽ちゃんの人としての奥深さを初めて知ったが、
あの方は本当にすごい人だ。

今年に入って初めてのブログ。
別に会社や家族、そして身体等に異常があったわけでないが、なんとなくバタバタして書き込みをサボっていた。

些細なことでもいいので書き込みして再スタートしようと思い、昨日の様子をアップします。

月初めには神社詣りとお墓参りをするが、今月の神社詣りにあたり
知人からの誘いがあったので神社横にある海に10分間入って禊を行った。
(入るときまで寒かったけど、入っている最中には不思議と寒さも感じなくなり、
海から出た後には 体の芯からじわじわと温かい感じがしばらくしていた)

経営上、それなりの決断をしなくてはいけない課題がいくつかあり、
判断に迷っている最中であったので、いい刺激にはなった。
(すぐに開眼して道が拓けたわけではないが、なんとなく気持ち的にすっきりした感じ)
経営って、論理的な追究により道が拓かられるものでなく、
経験と苦悩の末にふとしたことで道が拓けてくる 。
今は まさにその過程にあるような気がする。
道が拓けるには、 相応の苦悩が無いと。

misogi 1 misogi 2

 

ちなみに、最近ランニングに目覚め、先週の大会では5kmで従来の記録の更新を図れた。
身体を定期的に動かすというのは、やはりいろんな観点から いいことだと実感している。

5km 150222

 

ただ今の時刻 23時32分

明日は異業種交流団体の関係で、市の駅伝大会で最長コースを走ることになっている。
少し風邪気味なので、本当は早く家に帰って養生したい・・・
でも、早く片付けるべく営業案件あり
月末の支払関係の事務処理があり
その他決裁書類あり  で
朝から外出して 21時に会社に戻り、 そして残務処理。

社長って   手を抜いてはいけないんだよな・・・
営業も  事務処理も

近い人の逝去

2014年11月18日

 

この3日間で、2人の親しい人が他界された。

一人は親戚の叔父。

そして、もう一人は人生の”兄”。

叔父は、私が小さいころにビールをよく飲む姿が印象的で、非常に温厚だけど芯のある人だった。

人生の”兄”  この人は私が大学生の頃にアルバイトで世話になったことがきっかけで、
以来もう30年近くの付き合いになる人。
大学生の時、まだお酒の飲み方もあまり知らない私を飲みに連れて行ってくれ、
またテニスを初めて教えてくれたのもこの人。
高松市の夜のアーケード街を歩きながら、人としての生き方について熱く語ってくれた。
宮崎に戻ってきて、社員との付き合い方などに悩んだときも、
電話で相談に乗ってもらっていた。
つい最近、関西に仕事で行った折、たまたま京都で夜会える時間が作れ、
「祇園初デビューやで」  と楽しそうに話していたその顔が今でも鮮明に残っている。
その人が、あっけなく出張先で他界した。
なんという人生。
今までの数多くの楽しい思い出、そして教えの恩を返すことなく逝去された。
せめてもの気持ちで通夜には駆けつけてその穏やかな顔にお別れの挨拶をしてきた。
お子さんからの 「父から聞く友人の話は、内山さんの名前しか聞いたことがなかったです・・・」という言葉。
もう その瞬間から 涙が 頬を滝のように流れ出してきた。

二人とも 天国から 見ていてくれる。

だから、 いい加減な生き方は できない。してはならない。

 

合掌

昨日は娘の誕生日。

仕事を終え食事をしようとしたら、いつもより(?)豪華な食事が台所に用意してあった。
もう12時を過ぎていたので、さすがに家族は寝床に。
1人だったが なんか温かみがある食事を頂きました。
少し贅沢なビールで娘の誕生日に乾杯!!

2014-10-21 00.59.02

 

食事に満足しつつ、ふと 自分の経営の在り方について 熟考してみた。

仕事で夜遅くなるのは 別に苦痛ではないが、
たまたまこの間会社の会議で社員に向けて語った話を思い出した。
ちょうどある社員が私との意見の対立で退職していった直後での話。
意見の対立はいいが、やりとりを通じてもどうしても妥協点が見いだせない場合は、
会社の代表者である私の意見に沿ってもらう旨をみんなにお願いした。
そのとき 「自分は会社の中で誰よりも会社の経営、社員全体のことに対して考える時間を作り、働いている自負がある。
1人だけの幸せだけでなく、全体の幸せを考え、そして情報を集め、自らも考え、悩み、方向性を出している。
だから、もし意見が合わない場合は、最終的には私の意見に沿ってほしい」
とお願いした。
経営者の評価は結果。
結果は、判断を下したその瞬間に表に出ることは稀で、時間がかかる。
だから、その判断の瞬間には、一般的には不条理だと思う社員がほとんどだと思う。
でも、別の言い方をすると、一般的な考えで経営していると、会社の差別化は図られるはずがなく、
いづれ埋没し、経営破たんを迎えること必至となる。
この社員の理解と経営方針の伝達の乖離   ここが経営の難しいところである。

たまたまあるネット配信で 日本電産の永守社長のインタビュー記事の抜粋が届いていた。
ほめるよりも叱ることの方が多いらしい。
それも感情的に。
一生懸命に社員に向き合っているからこそ、経営に向かっているからこそ感情が入る。
小さいことをないがしろにするときは特に激しく叱るらしい。

たまに「社長が、こんなことまでやっていいのかな?」と思うことがある。
会社で誰よりも仕事をする。
それはそれで別に嫌悪感は覚えないが、
会社のトップが本来はやるべきことではないことまでやっている事態は、
健全な組織経営が出来ていないことの裏返しかもしれない。
それも経営者として、まだ未熟な段階であることの証拠か。
トップの器が大きいと 入る水も多くなる。

娘の誕生日に なぜか とりとめのない経営について自己反省するのも 変だなと思いつつ・・・

金曜日 国の大臣表彰を受けた社員の表彰式に同行して上京。

彼の慰労とお祝いにと、とある料亭をセット。
もちろん、賞を受けた彼が上座(^.^)

IMG_1608

 

宮崎に戻ってきたら あの今世紀最大と一時言われた台風19号。
NASAから美しく しかしながら恐ろしい画像が・・・

娘はこの週末にあったイベントのためにせっせと テルテル坊主をご覧の通り4連弾 (^_^;)

IMG_1654
地元の地区の神社祭りもなんとか開催。
(こういう子供が 表に出て楽しめる祭りは いつまでも残って欲しいです。
舞台を用意してくれている役員の方々には、本当に頭が下がります)

IMG_1650 IMG_1651

 

 

台風の推移が本当に気になります。
社員は自宅待機して 万一のときの災害対応に備えてもらっています。
(社員のみんなには苦労をかけるけど、こういうときこそ 我々の存在意義が発揮できる機会。
ニュースで表に出ることはないかもしれないけど、縁の下の力で地域の安全を支える覚悟です)
我々は 道守 川守 地域守 なのです。

こういうときは、待機態勢を整えたら ただ状況を 見守るのみ。
上京の折 入手した大好きなラフマニノフのCDを聴いてゆったり心を落ち着かせています。
(「パガニーニの主題による狂詩曲」 初めてじっくり聴いたら、意外にいい)

この2週間は社員のことで 自分の心の中が翻弄され、いろんな思いが葛藤した。
会社経営って ほんとに人事の悩みが大きい と 改めて実感。

 

IMG_1658

ちょっと 今回は やや自嘲的なつぶやきを。

本日は、ある現場の発注者(県)の検査。
片道3時間弱の位置にあり、且つ検査も半日かかったので、実質丸一日費やした。

なんとなく体がだるく、肩も異常な程に凝っていたので、
市内に戻って軽くマッサージでもして本日は早く帰宅するか・・・と思っていた。
マッサージ先で、スマホで会社のグループウエアの情報をチェックしていると
そんな中「明日月末の支払で、朝一番に銀行に行くので、本日中に支払伝票に印鑑を押して
自宅に持って帰るように・・・」という妻からの連絡メモが入っていた・・・。
(そう、あまりの体のだるさに、明日が月末で支払日であることを失念していた)

ここで「その処理は明日にして、銀行での支払事務は明後日にしたら」
とはならない。
自分の体調で支払日を一日ずらす なんて間抜けなことなど、とても許されない。
現在、会社の事務所は市内から片道30分弱の位置にあるため、
明日朝早く会社に行って手続し、市内に戻り用事を済ませ、そしてまた事務所に戻る
という流れは、あまりに朝の時間が勿体無い。
そうはいっても、本日中となると 今から片道30分かけて事務所に戻りか・・・・

体を引きずりながら 車を運転して事務所へ向かうと、
支払事務の書類以外にも いくつもの決裁書類がいつものようにトレーにどさっと載っていた。

会社のトップだから、自分の行動する時間は自分で自在に決めれるはずだが、
意外と何でも自由にできるとは 限らないもんだな と
小さい出来事に 一人苦笑いした 瞬間だった。

 

社長が支払伝票を必ずチェックして自ら押印している
このこと自体が まだ当社が発展途上であることの裏返しではあるのだが。

嫁さんに 銀行寄る前に 1時間早めに自宅を出て会社に来てもらうという奥の手もあるが、
こちらも なかなか出来ず・・・(笑)
意外と社長といっても 存在が小さいものだ。

 

今日は久し振りの ゆっくりした休日。
前日土曜日に 遅くまで会社で残業して書類整理を片付けていたから。
(といっても、今日も少しだけ”出社”して、ごそごししてますが・・・^^;)

こういう ゆっくりした休日は 経営する人には本当に大事だとつくづく思います。
目の前の業務の判断にどうしても通常時は時間を費やされてしまう中、
じっくり中期的な視点で会社の方向性をみて、そして目の前の判断に落とし込む作業は
なかなか平日はできにくい。
平日でも、 一人ふらっと 自分を解放する時間は社長の”仕事”として あってもいいのではと
最近は思ったりします。

今日は とある経営者のご自宅の門を叩き、ちょっとしたアドバイスを頂きに行きました。
やはり、それなりの実績を上げてこられた経営者の一言は大変参考になります。

ところで、今週中日に県外に出張していましたが、
夜の懇親会が早目に終わり ふらりととあるホテルのバーに立ち寄りました。
なかなか雰囲気がいい空間。
こういう一人の時間も また必要なんでしょうか。

 

2014-09-26 23.38.05

 

話は変わりますが  最近 前職場の同期から
「寮祭(寮に入っていて、当時は年に1回全寮生参加の祭りがあっていた。当日だけ、女性含め部外者も呼べた)
のときに撮った映画(アンタッチブル)の映像らしきフィルムが出てきた!!」と連絡。
多いに当時の同期生の間で、この話が盛り上がっています。
二十名数名いた同期生も、今は 海外含めいろいろな職場で活躍。
是非、「当時の寮の近辺で上映会をやろう」ということで動き始めたようです。

ちなみに そのときの一コマの写真を送ってきました。
一応主役(ケビンコスナー?)だったのですが、若くて貫禄も無く なんか恥ずかしい写真です。

2014-09-28 00.36.42

 

上映会 、そして何より当時のみんなと一同で会えるのが楽しみ(^.^)

 

去る6月28日土曜日。
弊社の55周年記念事業を執り行いました。

詳細は会社HPに掲載しているので、そちらをご覧ください。

当日、なんと スペシャルゲストとして ”山本リンダ”が登場してくれました!!

 

DSC_0973-rinda2

?????????

?????????

普段は 会議等で厳しい側面しか見せない社長。
さすがに ほとんどの社員は 当初 唖然 としていて、”笑いの狙い撃ち”は出来なかったようでした(^_^;)
ただ、周囲の家族は おかげで大いに受けてくれたようです。

 

実は、この2週間 この日のために 仕事の合間を見ては、この練習に励んでおりました。
振付用のレッスンDVDまで購入し、
前日は知り合いのスナックで衣装を着けての本番さながらの予備練習。
そこで、振りや 化粧のアドバイスをママや同席の女性達に頂き、
そしてその足で カラオケボックスに一人で行って2時間も通しでこの 「狙い撃ち」をとことん練習。

家に帰っても、嫁さんがまだ起きている横で白いそして冷めた目で見られながら、
DVD観ながら練習。

衣装も貸衣装屋さんに出向くもイメージに合うものが無く、
女性服を扱っている大型店を2、3梯子。事情を説明し、顔真っ赤にしながら試着も。
靴も、若い女性店員に こちらも事情を説明しつつも、遠慮がちに物色。
イヤリングも然りでした。

そして なんとか写真の通りの”ベスト”な状態にもっていくことができました。

当日は式典での挨拶よりも このショーがうまくいくかどうかが 私の一大関心事でありました(^_^;)

おかげで 振付 バッチシ!!

 

 

 

 

式典での私の挨拶に

”やるなら徹底的にとことんまでやる。 中途半端にやるなら、効果はゼロでやらないと同じ。
これが、物事を成就できるか出来ないかの ほんの少しの差”
という挨拶をしました。
そうです  やるなら とことんまで やるのです。

 

 

 

 

実は 体を張ったショーを決行したのに裏話がありまして。
今回の式典に家族を呼ぼうとしたのはいいのですが、
アンケートをとったら なんと家族が参加すると表明した社員は全員の1/3。
会場が宮崎では一番豪華と思われる場所を選定し、宮崎に居ながら別世界の空間を味わえる宿泊付にも関わらず、
その反応にかなりショックでした。
後でわかったのですが、社員の中には 家族に声かけることなくアンケートに「家族欠席」と
回答した者も少なからずいたようです。
それならと 社員の自宅に 私の直筆のサイン入りで 手紙を出しました。
この式に家族を敢えて招待する私の気持ち、そして
「期待をいい意味で裏切る O M O T E N A SHI」をしますからどうか出席してくださいとの挨拶を添えて。
おかげで最終的には95名。ほとんどが参加してくれました。
あとから、「親が意外に大変喜んでくれました」「家内が大変満喫していました」
「会社のことがよくわかってよかったと言っていました」
という声を多く頂きました。
また、当日どうしても事情があり参加出来なかった社員のご家族から、温かいお手紙やお花などを頂きました。
一応、大成功だった ようです。一安心。

 

 

 

なぜ、ここまで 家族に来てもらって 楽しんでもらいたかったか?

それは、数字を動かす 本当の力の存在を重視しているからです。
数字は時の運もあります。
ここ最近は確かに業績は好調ではあります。
でも、その中味を見てみると、好運が重なって出来た側面も少なからずあります。
好運は そうは長続きはしません。
しかし、運が落ち込んだときでも、マイナスの影響を極力抑え、
反転するきっかけを比較的早く掴み、そしてまた運を好転させることは出来そうです。
その原動力は、社員の心の力です。
そして、その社員の心の力は 身近にいる家族の応援に比例します。
だから、少々当社の体力に比して大きな投資になっても、やるときには やる。
これが背景です。

 

 

 

 

ちなみに、 このショーが始まると、 我が息子と娘は 一目散で会場から出て行ったそうです 。。。(+o+)

多分、もう やりません…..

 

精一杯 社員への謝意を投入して挑んだ甲斐があったのか、
社員からは 以下のようなサプライズのプレゼントを頂きました。
これは もう お金で買えない私の 宝物で、 これからずっと大事に持っておきたいと思っています。

社員のみなさん 本当に ありがとう。
そして、これからも よろしくお願いします。

letter 0628

 

 

 

 

夜 会社でやる仕事

2014年6月17日

 4月から以降、結構夜は総会等で会合、食事会に出席する機会が多かった。

 以前は、夜の食事会でもお酒を飲まずに会社に戻って仕事をすることもあった。
 会社を移転してから市内から30分もかかるので、これはやめている。

 
 これも会社が移転したせいだが、日中いったん外出すると、なかなか会社に戻るには時間かかり
 途中で少し会社に戻ってデスクワークということが出来にくい。
 もともと、日中は、どうしても取引先等にあいさつ回りや、営業でお客さんのところに出掛けることを優先し、
 いわゆる内業は朝の9時までか、17時以降になる。
 夕方会社に戻ると、決裁書類がけっこう積まれていて(これは、まだ会社組織が成熟していない証拠だが)、
 これに1時間、場合により2時間は時間が費やされる。
 自分の時間は、この決裁書類の処理が終わってからだ。
 ここからが、本当に生産性のある時間帯となる。 

 夜は外からの電話連絡も入らず、じっくり腰を据えて仕事をするにはいい時間帯だ。
 できれば週に2回くらいは、そういう時間を確保したいものだ。
 総会シーズンも落ち着いたし、ちょうどこれからの会社岐路を左右する戦略の練り直しをするべき時機だったし、
 少しずつペースを戻していきたい。
 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 40
        

このサイトのトップへ

© 2019 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.