建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  社長ブログ  >  自分の キャパシティのさらなる 拡大の必要性

社長ブログ

自分の キャパシティのさらなる 拡大の必要性

2009年7月26日

「内山さんは働き過ぎ。
体を大切にしないと、もしものことがあったら、会社どうするんですか?」

と、とある席で 同業者の経営者の方に言われた。

「大丈夫。万一のときのために、対応できる保険に入っていますから」
とは私の回答。

「しかし、死亡なら いいですが、 中途半端な状態で入院とかになったら・・・」
と 返された。

私、「・・・(確かに)」

より完璧なものを求めるからだろうか? すべての業務において 何かと口出しし、
そして指示、判断を与える局面が多い。
営業は、土木、建築、そして新規事業 と抱え、エリアも広い。
事業展開、企画 ほとんどの場合、私発 で 出ているものが多い。
特に、この7月から本格稼働し始めた新規事業に どうしてもエネルギーを
相当向かわせることになる。
もちろん、当座の本業の受注確保も並行して大事である。

これでは 、私の動ける時間以上に会社は大きくならないし、人も育たない な
と 改めて感じた。

少しは 自分では 管理面でメリハリをつけている つもり。
この社員だったら、ほとんど任せっぱなしにしても大丈夫だと 考えれば、
ほとんどその現場には 足を運ばないで その分を 他で心配な方向に
ベクトルを向かわせている。
もっとも、最近 この手の社員から
「社長は ちっとも現場に来てくれない。
現場で どれだけ自分が苦労しているか、わかろうとしていない」
と 直談判された りしている。

「自分の置かれている状況を わかってくれよ。
社長、現場は私に任せて・・・と 言ってくれよ」など 言いたいところだけど、
現実は そう都合のいいものでは なさそうだ。
やはり 任せっぱなし は いい意味でも 悪い意味でも よろしく無いようだ。

宿命。

じっと 自分の中、そして 相手、周辺環境 を眺めてみて
自分なりの 判断 で 対応していく。
つくづく ”器量”の大切さを 実感する この頃である。

カレンダー

2017年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.