建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

社長ブログ

現場検討会

2009年4月9日

最近受注した現場について、本日2時間かけて着工前の打ち合わせを行った。

私、工事部門の責任者、現場関係の技術者2人 の計4人。

会議に臨むに当たり、予め指示していた事項の確認。
指示が徹底されていなかったのだろうか?一部の指示事項が準備できていなかった。
非効率ながらも、口頭で一つ一つ内容の確認。
書類で用意されていたら、どれだけ効率的に進めたことか・・・

そして、実際の現場施工方法について検討に入る。
施工が雨季にかかり、現場が水の影響をもろに受けるところなので、
ここで喧々諤々意見を交わした。

私は、そもそも現場経験が浅い。
一方、今回参加している技術者は地域でもトップクラス級。
細かい技術論になると、当然私より他の参加者の方が経験に裏打ちされた論を展開する。
ただ、ときによっては、その技術者の主観、これまで自分の中で蓄積された”思想”が
その論の背景を形作られていることがある。
私は、技術論では劣るとも、リスク管理面では一番優れた理論、感性を備えていなければならない。
「普通の現場では・・・」という理論は、リスク管理上では 判断の優先規準では優先されない。
優先させるべきではない。
普通でない場合を想定して、そのときに対処できる施工技術は何があるのか?
その施工技術は、現場条件に対応して現実的且つ合理的か?
この質問に的確に回答できないと、いけない。

リスク管理上、許容できるギリギリのところで、技術的裏付けをもって施工方針を決定するのが
私の役目である。 と本日改めて肝に銘じた。

カレンダー

2017年10月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

最新の記事

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.