建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  社長ブログ  >  企業トップの像

社長ブログ

企業トップの像

2008年1月15日

先日、取引先であるメディキット株式会社の新工場落成式
(厳密には製造会社の東郷メディキットの新工場)に出席させてもらった。
工事の一部をさせてもらい、その成果物の上で落成式が行われている
ことに、何となく うれしい気持ちになった。

地元日向市出身で、一代で医療注射針のシェアを世界トップクラス
に育てた中島さんが社長だ。
以前も書いたが、もともとは技術者でなく金融機関勤務者(証券マン)。
自分も同じく金融機関→技術系会社社長と なっているので、
遠い存在だが目標にすべき経営者の一人だ。
 
あの東国原知事も来賓として出席。抽選会では、相変わらずのパフォーマンスで会場を
沸かせていた。
 
 
本日は、鹿児島。
ぶらりと歩いていたら、NHKの取材を受けた。
なにやら、「ありがとう」というホワイトボードを持たせて、
”ありがとう”の上に誰か宛てにメッセージを追記するという企画。
残念ながら、鹿児島放送域内しか放送しないようだ。
鹿児島の方は、総合テレビの2月中?3月上旬の午後5時50分ころ
観ていてください。
一応、妻宛てに メッセージを書いたが、何を書いたかは
秘密です。

ところで、取材を受けている最中、女性スタッフが
カメラに向かって「よこにせどん」と言っていたので、
「???」と思ったら、何のことはない 地元の方言だった。
ちなみに、
「何年前に結婚されたんですか?」
「12年前です」
「え?いくつのときに、結婚したんですか?」
「28です」
「え? ということは・・・ 40歳??とても見えない。32、3歳くらいしか見えな?い」
とも言っていた  
→これには、少し照れた・・・少しうれしかった・・・→本当に単純な性格

そんな取材を受けたのもつかの間、即宮崎へUターン。
取引先へ挨拶を1件したあと、会社で18時から3つほど会議。
そういえば、月末長崎県で同業者向けのセミナーで
新規事業進出の事例発表をする予定。 題意は「本業と新規事業の両輪を廻すためには・・・」
なんだかまだ成功の域に達していないのに、分不相応な感じ。
大した話はできないが、はっきり言えることは
”新規事業は進捗管理をまめにやることが大事。
しかし、それ以上に本業については、トップ自らが進捗管理、問題管理を
旗振って行うこと”
を やる必要があるのではないか? ということ。
大企業ならまだしも、当社は小企業であるので、
トップが仕切らないとうまくは廻らない ように思う。
そういえば、先の中島社長も
「俺も、今でも自分で指示したことの進捗を、定期的に自分で確認しているよ」
と言っていた。
上場会社のトップでも、自らが旗振り役を務めている ということだ。
背丈の小さい当社なら、尚更ということか。
 
あ?試験まであと4日 なのに こんなにブログを書いている暇あったら・・・
 

カレンダー

2017年8月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

最新の記事

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.