建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  社長ブログ  >  災害対応に思う

社長ブログ

災害対応に思う

2007年7月14日

 今までは業界全体の中の共通の認識で、
 「公共事業で商いをさせてもらっているから、災害時は進んで対応すべき」
 という考えがあった。

 しかし、最近の入札状況をみていると、とても「商いは公共事業で成り立っている」
 とはお世辞でも言えない。
 受注できる(仕事ができる)かは、くじを引くようなもの。
 おまけに、くじに運よく当たっても、原価ベースで赤字覚悟の落札率。
 (一般管理費入れたトータルの利益では、間違いなく赤字)

 にも関わらず・・・驚いたことに、今回 各業者はこぞって 前向きに災害対応をしていた。
 県、市から緊急且つ危険な場所での対策をお願いされても、すぐ対応していた。

 発注者の方は、われわれ業界の 心を 理解してほしい。
 ただ、考えてみれば、発注者は一般市民の声に 逆らえない。
 ならば、 一般市民の方々に対して言いたい。
 われわれ業界の 存在意義を もっと別の角度からもみてほしい。
 この台風の中、一歩間違えば2次災害(災害場所での災害発生)が、
 かなり高い確率で発生するような状況で、作業を行う。
 それも、黙々と・・・。

        

このサイトのトップへ

© 2018 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.