建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  社長ブログ  >  責務を全うする ということ

社長ブログ

責務を全うする ということ

2007年3月25日

「任せた」後は、それで「私は後は何もしなくてもいい」 ということではない。
その「任せた後の進捗をフォローすること」が責任として伴う。

任せて安心な状態であるなら、「あとは任せた。万一失敗したら、俺が責任をとる」
ということになる。
しかし、任せて、結果が失敗(問題が伴う)になる可能性が高いと予め予想がつくなら、
敢えて途中で口をはさんで、進捗を確認する必要があるのだ、と最近思う。

以前、まだ私が社長でなかった頃、
「社長(今の会長)がすべてに口をはさむから、社員が伸びない。
任せることが無いとダメだ。」
という声を、社員の中から聞いたことがある。
私が社長になってからも、
「現場のことは現場に任せて、社長は営業で仕事をとってくればいい」
と、社員から言われたことがある。

最近、受注した現場の完成検査が立て続けにあっている。
「下の者に任せた!!」つもりで、私は営業と新規事業関連に注力していた。
そして、検査直前、どうも遠目に検査準備の進捗をみていると、スムーズでない。
心配になって、突っ込んで内容を確認してみると、案の定 かなり深刻な状況。

私は、会社として工事を受注した以上は、きちんとりっぱな状態で完成して
引き渡す責務がある。
中途半端な管理書類や現場の状態で、検査に臨むことは、ある意味会社の代表と
しての責任放棄だ。
社員を育てるために、敢えて中途半端な状態で、現場を発注者に引き渡すことはできないのだ。
完全に任せて口を横から出してほしくない(やる気が失せるから)かもしれない。
今の当社の現場の管理は、現場音痴の私が 管理の進捗をチェックしなければならない
途上の状態にあるようだ。

社員を育てることと  任せてみること。
そこには、任せっぱなしにせずに、 たまに進捗をみてあげ、そして行き詰まりそうなら
手を差し伸べてやること。 
これが肝要な気が してきた。

そういえば、これって子育てにも似ている気がする。

本日民間営業に一日費やした。
それは、これから先の社員の生活を確保するための工事を受注するため。
現場検査の準備でてんてこ舞いになっている状況下でも、
今 このタイミングでやっておかねばならないこともある。

話は変わるは、明日(本日)は 長男の卒園式。
10時から開始。
一方、10時30分から市役所主催の助成金審査会がある。
(業界青年部関係のボランティア活動について、助成を受けるために審査会にエントリーした)
資料の準備をしたが、私はこの団体の責任者をしているので、出席しなくてはならないだろう。
卒園式の謝恩会が、お昼からある。
ここでは、親代表として出し物をすることになっている。
(運動会で結成された”キャロッツ”メンバーが、今回も よさこいソーラン踊りを披露。
今回は、それに加えて あの有名なダンスもする予定)。
お父さん方9名、みんな忙しい中に 夜の8時から10時前まで週1回練習。
本日も、最後の仕上げで夜10時まで練習していた。
これも、私の責務の一つ(父親として)。

なんだか、体と頭の中が ぐちゃぐちゃの状態。

そうな言っても、どれも投げやりにすることはできない。
割り切って、その一つ一つを 私なりに 責任を全うしていきたい。

楽しみながら。

カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

最新の記事

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.