建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設  >  社長ブログ  >  建設業で働くとは

社長ブログ

建設業で働くとは

2007年2月3日

今朝は、久し振りにこの宮崎でも氷点下2度を記録。
朝、トイレ掃除をするときに手に触る水の冷たさはたまらなかった。
手が凍る感じ。
考えてみれば、現場のみんなは ここよりもさらに山手の作業所で
水と接しながら作業している。

朝も6時30分には会社から現場へ向う。

年収で3百万円強くらいの人が多い。
いつも段取りを考えて作業してくれる人たち。決して単純な作業でない。
屋外の現場は、現場毎に作業環境が違うからだ。
そして、ある意味 いつも”死”と隣合せの環境での仕事である。

我々建設業者を 悪者扱いしている方々は、本当にこのような実態を
ご存知なのだろうか?

朝の出勤は8時過ぎ、そして残業はあったとしても18時過ぎ。
そして年収は、3百万円以上もらっている人が多いのではないか?

もちろん、我々業界の人間も、コスト削減できるところは、とことん勉強は怠らないようにするべきだが、現場  ここに目を向けて欲しい。 そう改めて感じた。

カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

最新の記事

このサイトのトップへ

© 2017 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.