建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設

内山建設

建築・土木工事なら株式会社内山建設 > 土木部 施工実績 > 平成25年度 十根川・三方界線(3工区)

平成25年度 十根川・三方界線(3工区)

【工事概要】
● 工事場所:東臼杵郡椎葉村大字不土野
● 工事概要

総延長L=320 m
土工 : 切土、盛土、残土
法 面 工 : 植生工
路盤・路面工 : 路盤工
擁壁工 : プレキャストL型擁壁
補強土壁工 : ジオテキスタイル
防護柵工 : ガードレール
排水構造物工 : U-I側溝、L型側溝
道路付属施設工 : 林道銘板

 

予定より約半月ほど遅れましたが、なんとか完成に持ち込みました。
地元地区である尾前地区の皆様、ご協力ありがとうございました。
また、会社のバックアップと直営陣の尽力に感謝しております。
来週の完成検査に向けてもう一息 頑張ります。

kansei-01 kansei-02 kansei-03

起点側から順番に・・・

kansei-04 kansei-05 kansei-06

 

kansei-07 kansei-08 kansei-09

 

kansei-10

 

「注文住宅なら内山建設」、「日向の新築なら内山建設」

こんにちは。週末にかけて寒気が押し寄せてかなり寒かったですね。
椎葉村の林道の現場からです。12月5日の椎葉は雪がこんなに積もりました。

椎葉はすごい・・・。

積雪10cm-1 積雪10cm-2 積雪10cm-3
何度見ても体が震えます。
現場は本格的な冬に突入です。寒さに負けず、今月の竣工を目指します。
以上、今日もご安全に。

12月2日、十根川に本格的な冬将軍現る。

この厳しい作業環境の中で㈱内山建設 直営班は戦っています。

どうか皆さん、エールを送ってくださいませ。 現場代理人  金丸正明より

5.雪1 5.雪2

 

・・・10月からの工事進捗状況です。

1.掘削再開

中間検査が9月29日に終わり掘削作業を再開しました。

2.L型擁壁-1 2.L型擁壁-2 2.L型擁壁-3

掘削がほぼ終わり、10月中旬から路側構造物に入りました。

L型擁壁がきれいに並びました、この上に落下防護柵のガードレールを取付けます。

3.補強土壁-2 3.補強土壁-1

最大の難関だった補強土壁・・・ 一番上にL型擁壁の敷設が完了しました。

ここは高さがあり危険なので、先にガードレールをつけました。

4.側溝

路側構造物が終わり、排水溝の敷設にかかりました。

並行して法面保護にも取り掛かりました。

こんにちは。今日は一段と寒いですね。
椎葉村の林道の現場からです。今日の椎葉は雪が舞ったとのことです。

なんと雲海、第二弾の写真が届きました!代理人の金丸が約束を果たしてくれました。
雲海

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影日は11月末、午前7時頃です。
前回10月の中旬からすると、時間帯はあまり変わりませんが、視界が雲の海に満ちています。
見るからに、空気の澄んだ冬の朝、という感じです。
現場はこれからどんどん寒くなります。寒さに負けず、今月の竣工を目指します。

 

以上、今日もご安全に。

こんにちは。
今回は現場の進捗ではなく、現場から送られてきた素敵な風景を紹介します。
写真を送ってくれたのは、椎葉村の現場を担当する内山建設の清原和弘こと金丸正明。

ご紹介したい風景は”雲海”です。
十根川雲海
厳しい現場で眉間にしわを寄せながら格闘していますが、不意の雲海の出現にカメラを構えます。
山深い椎葉村、そのさらに山間部の現場ならではの景色。雲海の白と周囲の緑とのコントラストが気持ちいいですね。
ちなみに撮影は10月中旬の7時半ごろ、当日の気温は15℃ぐらいでした。
「気温が下がれば、もっと素晴らしい雲海が出来る。その時にまた撮影する」と現場代理人の談。
期待して雲の海が満ちるのを待ちます。
きっと皆さんにお見せできると思いますので、お楽しみに。

 

以上、今日もご安全に。

こんにちは。今日は現場の進捗状況をお伝えします。
【工事概要】
● 工事場所:東臼杵郡椎葉村大字不土野
● 工事概要

総延長L=320 m
土工 : 切土、盛土、残土
法 面 工 : 植生工
路盤・路面工 : 路盤工
擁壁工 : プレキャストL型擁壁
補強土壁工 : ジオテキスタイル
防護柵工 : ガードレール
排水構造物工 : U-I側溝、L型側溝
道路付属施設工 : 林道銘板

 

現場は椎葉村、十根川・三方界での林道開設工事です。
斜面を掘り下げて、ジオテキスタイルの盛土を行い道をつくっていきます。
現場代理人は内山建設の清原和弘こと金丸正明です。

 

まずは施工前の現況です。深い山に覆われたのどかな風景

風景 と思いきや、 施工前
目の前に広がるのはまさに原野。
代理人曰く「地形を見てちょっとびびりました」。
見るからに非常に険しく、困難な施工が予想されました。

 

いよいよ難工事へ突入。
天然バンジージャンプの崖に挑みます!およそ100メートルの断崖絶壁。
工事突入 床掘 盛土のための床掘

 

 

ジオテキスタイルの第一回目の盛土がほぼ終わった状態。
残るは後2回。どんどん先を目指します。
ジオテキスタイル盛土 ジオテキスタイル盛土部
右がジオテキスタイルの盛土部です。

ジオテキスタイルの最終スパン突入。土砂運搬のダンプが通れるようになりました。ひとまず難関突破です。
8.20

ジオテキスタイルの盛土部完成!
9.19_1

 

9月末に中間検査がありました。
12月中旬の完成検査を目指し引き続き頑張ります。

 

 

起点側よりほぼ中間地点。 残すはあと半分。険しい山肌が延々と続きます。
中間地点 床掘

 

 

———–敬老祝賀会———————————————————————————-
地元地区である尾前地区の敬老祝賀会に招待を受け、内山社長ともども参加させてもらいました。
敬老会2   敬老会
美味しいお弁当、楽しい余興をありがとうございました。
皆様がこれからも元気で長生きされますことを願っております。

———————————————————————————————————

        

このサイトのトップへ

© 2018 建築・土木工事なら宮崎県日向市の株式会社内山建設. All rights reserved.